いちごまつり 対象商品1点ご購入ごとにラメボール3個セットプレゼント

  キーワード: 価格:円〜
キャッシュレスで5%還元

ゴロにゃん公式twitter ゴロにゃん公式instagram

当サイトでは、アルファSSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。サイトシールをクリックして、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。

SSL Certificate

メールマガジンの登録・解除はコチラから

猫じゃらし専用 ウォールポケット

猫砂飛散防止用人工芝 nekoshiba

もしもの時に

はお休みを頂いております。
(土曜日・日曜日・祝日・振替休日および年末年始・夏季休業期間)

WEBからのご注文は年中無休24時間受付ですが、定休日はメール返信、発送業務はお休みです。

新作 新商品

キャットフード

フードをブランドで選ぶ

フードを目的で選ぶ

療法食 もっと見る
ケアフード もっと見る

フードを年代で選ぶ

フードをカテゴリーで選ぶ

TOP > フード > フードを年代で選ぶ > 高齢猫用

シニア猫用のキャットフード ドライ ウェット 猫缶

猫は、偏食の傾向が強くてわがままな面があるので、好物ばかりを与えているような生活をしていると病気の処方食のように食事内容を変える必要が生じた場合に与えた食事を受け付けないなど、困ったことになってしまいます。

猫が病気になる原因のひとつとして、飼い主さんが知らずに猫の体に合わない食事を与えていたという事例が数多くあります。

猫の食事管理は飼い主さんの大きな責任。
大切な家族の為にも、食事には気をつけてあげましょう。


猫の老化は、7〜8歳ころから始まるといわれています。
市販されているキャットフードも7才以上に与えてくださいという商品が、最近特にみられるようになりました。
やはり人間同様、年をとったらそれなりの食事を与えた方がいいというのが今現在の考え方のようです。

猫は年を取ると運動量が減ってくるのでカロリーを摂り過ぎないように注意が必要です。

また老化の現象のひとつである歯茎が弱くなっってしまうことによって固い物が食べにくくなったりもするので、そのあたりも配慮してあげましょう。

高齢猫の食事管理について、詳しくはこちら>>>

あなたの愛猫はいくつですか?
シニアの猫ちゃんに、元気に、健康的に生活してもらえるよう、ぜひ食事を選んでみてくださいね。


69 件中 1-60 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ






















69 件中 1-60 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ